top

筑波大学としての取り組み

筑波大学微細加工プラットフォームでは、北関東の公設試験研究機関(公設試)と連携していくことで、地場産業を支えていきます。民間企業や他大学から公設試へ装置利用の依頼が来た際に、公設試側からユーザー情報を提供・依頼して連携します。

また産総研やNIMSと連携していく事で、待ち時間の長い装置の利用機会の提供を行います。同じ装置については同一の利用料金を目指します。これにより、さらに便利に依頼者が装置を利用できる事を目指します。

support

筑波大学のサポート体制

筑波大学微細加工プラットフォームは、筑波大学研究基盤総合センターに位置し、装置の活用支援を行っていきます。

system